水素水サーバー 比較 ランキング

水素水のサーバーがあれば自宅や会社で手軽に飲むことができます。

健康や美容をサポートする話題の成分があります。

その成分とは、、、

 

「水素」です。

 

水素は、体内で悪さをする活性酸素を無害な水に変換する
還元の働きがとても優れています。

 

水素が注目され広告や数多くの商品がお店で見かけるようになりましたね。
水素を摂取するには、さまざな方法があります。

 

  • 水素水
  • サプリメント
  • 体の外(洗顔や入浴)
  • 吸引

 

これらの方法があり、手軽に摂取でき継続するには、
水素水がいいでしょう。

 

ですが、市販の水素水を継続して購入し続けると
コストはかかりますし、ゴミもでます。

 

もし、あなたが水素水を手軽に摂取しコスパと使用できる量を気にせず
使いたいなら、水素サーバーを購入した方がいいでしょう。

 

水素サーバーには種類があります。

サーバーのイメージは、毎月水が入っているタンクが送られてくるイメージありますよね。

 

サーバーを設置して毎月定期購入した水が送られくるのが「飲水のサーバー」です。

 

ですが、水素水のサーバーは「水道の水をもとに水素水を作る製品が主流なんです。」
しかも、除塩や除水機能を搭載している水素サーバーもあります。

 

飲水のサーバーと水素水サーバーは、ぜんぜん違うので気をつけましょうね!!
水素は飲むだけでなく水素風呂の入浴剤でも効果が発揮されます。

 

水素サーバーにはタイプがあります。

水素サーバーには、以下のタイプがあります。

 

  • ケトルタイプ(タンディータイプ)
  • タンク式
  • 水道直結型
  • 水素ガスを混ぜる
  • 水道直結型と給水タンクの使い分けができる

 

それぞれメリットとデメリットがあります。

 

ケトルタイプ・・・コンパクトで置き場所に困らずとこにでも置けるが、容量が小さい

 

タンク式・・・容量が大きいが水道水を入れるのが大変。

 

水道水の接続できる・・・水道水を入れる手間が必要がないが、接続する手間や場所が必要で特殊な水道栓の場合は工事をするための費用がかかる。

 

水素ガス・・・高濃度の水素が飲めるが価格が高い

 

水素サーバーを選ぶポイント

水の容量
水素濃度
水素水を作るための時間
価格

 

この4つのポイントをもとに「ケトルタイプ、タンク式、水道に接続できる、
水素ガスを混ぜる」どれを購入するときの基準にしましょうね。

  ケトルタイプ タンク式 水道に接続 水素ガス
水の容量 0.4〜1.8L 1.5〜12L 水道に接続するので容量はなし 4L
水素濃度 0.69〜1.2ppm 1.6〜4.0ppm 1.0ppm 20000〜28000ppm
水素水を作る時間 5~33分 5~15分 4時間 20秒
予算 4〜16万円 3〜4万円 17万円前後 17〜42万円